銀行や消費者金融でキャッシングローンを契約する場合、勤務先へ在籍確認の電話が一般的に行われます。しかしながら、電話対応が出来ない会社や社員の個人情報管理が厳しい場合、在籍確認の応対が出来ず審査が通過出来ないというリスクが生じます。銀行カードローンの場合、電話以外の対応は難しいものの、大手消費者金融であれば書類による代替対応が可能です。

また、モビットなら電話での連絡や確認が無いため、情報管理の厳しい会社の方にはメリットがあります。

ですが、申し込み時にあらかじめ電話対応が出来ないといったことを申告しておくことが重要です。信用や収入での問題が無いのに審査落ちというのは、個人信用情報においても大きなダメージとなってしまいます。心配な場合は、申し込み前にフリーダイヤルで確認しておくこともおすすめです。