銀行カードローンと消費者金融の審査を比較すると回答時間が遅くなる銀行カードローンの方が厳しいと言われています。銀行カードローンの方が金利が低く設定されているので審査を慎重に行う傾向があります。しかし消費者金融の審査に落ちて銀行カードローンの審査は可決されたという人も中にはいます。そこでなぜ消費者金融の審査に落ちて銀行カードローンの審査が可決されたのか要因を挙げていく事にしましょう。

・総量規制に接触していた

消費者金融は総量規制の対象になっているので年収の3分の1以上の借り入れをする事が出来ません。それで総量規制の対象に接触していると審査に落ちてしまいます。しかし銀行カードローンは総量規制の対象外なので年収の3分の1以上の借入希望額を申請しても可決される事があります。

・借入希望額を少なく申請した

最初に消費者金融に申し込みをして審査に落ちた後に申請した借入希望額を見直します。それで銀行カードローンに申し込みをした時に借入希望額を少なく申請すると審査が可決される可能性があります。消費者金融の審査に落ちた理由が借入希望額が多く申請してしまった場合だと銀行カードローンに申し込みをする時に少なく申請する人も多いです。

消費者金融の審査に落ちて銀行カードローンの審査が可決される要因はこのようにあるので覚えておくといいでしょう。