銀行や消費者金融のキャッシングローン、クレジットカードや携帯端末の割賦購入といったローン購入は個人信用情報に契約内容から取引履歴まで登録されてしまいます。これらの情報は、最大5年間となるものの、『完済してしまったから安心』や『最近は利用していないから大丈夫』といった考えは危険です。

特に過去に延滞を発生させた方は、新たなローン契約で審査落ちするといった問題に直結してしまいます。そもそも、全国銀行個人信用情報センターおよび株式会社シー・アイ・シーでは、『契約期間中および契約終了後5年以内』という条件があります。

つまり、完済している場合でも5年間は延滞情報が残ってしまい、信用度を下げる原因となります。そのため、延滞発生させた場合は登録情報が更新されるよう、適度に借入と返済を繰り返すことが信用度向上に繋がります。カードローンやクレジットカードを解約してしまえば、5年経過後、取引情報は一切削除されてしまうものの、全く情報が残っていないため、新たな契約をするには信用度の積み重ねが必要となり、デメリットとなってしまいます。

そのため、延滞情報が残ったとしても、解約をせずに一定の利用と個人信用情報の開示により、自身で信用度を管理することがおすすめになります。