キャッシングの申し込みでは金融機関側による利用者の信用情報の確認作業を経て、貸付が行われることになります。

そのための重要な手続きとして在籍確認があり、申し込み時の職業や会社に間違いなく在籍しているかどうかを直接職場に電話をかけることで判断しています。

金融機関側も無担保で貸付を行なうぶん信用情報の確認は必須事項ともいえ、とくに収入に直結する所属会社の確認は貸し倒れリスクを最小限に抑えるためにも避けては通れないのです。

基本的には在籍確認のための職場連絡は必須となりますが、職場によっては電話連絡をしても確認がとれない場合や、どうしても職場への連絡はしないで欲しいという利用者は金融機関に相談することで対応してくれる場合もケースもあります。