どの金融機関からキャッシングを行なう場合でも本人確認は必須事項となります。

利用者はキャッシングに申し込む際には個人情報を記入することになりますが、それを受け取った金融機関は記載されている情報が本当に正しいかどうかの確認作業に入ります。

その作業の一環として本人確認が行われることになるのです。

本人確認に必要な書類は申し込む金融機関によって多少の違いはありますが、おおむね免許証や健康保険証、パスポートなどを提示することで完了させることができます。

キャッシングはWeb申し込みも盛んに行われるようになったことで、本人確認書類もスマホなどで撮影した画像データをパソコンやスマホから送信することで確認してもらうこともでき、比較的手軽に済ませることができます。