銀行や消費者金融ののキャッシングローンは、個々に審査基準が異なるため、一方が契約できない場合でももう一方は契約できるといったケースがあります。しかしながら、審査通過の可能性を考慮、時間短縮目的で同時に2社以上の申し込みは避ける必要があります。

申し込み後、個人信用情報機関に照会履歴が登録されることとなり、万が一、申し込みした消費者金融で契約が出来たとしても契約した金額が貸金業法に定められる総量規制を超えてしまう可能性が生じます。結果として、違反となった場合でも融資する側の責任となり、消費者金融にとってのリスクになります。

そのため、複数社に申し込みすることで生じる問題は多重債務リスクだけでなく、総量規制を超える可能性があることを理解する必要があります。先ずは、急いでいても審査が終わってから申し込みすることが重要です。