今契約をしているキャッシング業者よりも金利が低い業者を見つけたなら、その時こそ借り換えタイミングです。返済期間が長くなればなるほど金利の影響で総返済額は大きくなってしまうものですから、出来るだけ早く金利の低い業者に切り替えることが大切です。一般的には銀行カードローンが金利が低い為、借り換えには適しております。

しかし、月々の返済額が大きくなるケースもあり、そうなると生活に行き詰まりやがては返済が滞るという危険もありますので判断は慎重に行いましょう。また、消費者金融でも借り換えに適したパターンがあります。それは無利息キャンペーンを展開している業者です。無利息の期間内は金利が計算されませんので、その期間の分オトクになります。返済計画をしっかり行うことで、借り換えはかなり総返済額の軽減につながりますので積極的に検討してみましょう。

カテゴリー: お金を借りる